きくが

ライフ

ひろがる、つながる 「しあわせのわ」

菊川市で、みつける、
ひろげる「しあわせのわ」。

菊川市は、静岡県の西部に位置する人口5万人弱のまちです。
けっして大きな市ではありませんが、
温暖で住みやすいとされている静岡県のなかでも
「第2位の住みやすさ※」と評価されています。
どうして、菊川市は暮らしやすいとされているのでしょうか?
その「しあわせ」のヒミツをお教えします。

※ 2017年(株)東洋経済新報社・都市データパック2017「全都市住みよさランキング」

ぜん

自然いっぱい。
豊かな緑の大地。

菊川市のイメージを一言でいうと、豊かに広がる緑です。市の中心には、市名の由来である河川「菊川」が流れ、人と自然が調和した田園都市をうるおしています。
市の東側の丘陵には広がるのが、日本一の大茶園「牧之原大茶園」。約五千ヘクタールの一面の緑は圧巻です。
自然豊かな緑の大地で、特産の「深蒸し茶」を一服。身も心も緑に包まれる贅沢を、毎日味わうことができます。

くせす

アクセス良好。
通勤通学もお出かけも便利。

菊川市は、静岡と浜松のほぼ真ん中に位置しています。JR東海道線菊川駅と東名ICはまちの真ん中にあり、また新幹線駅はすぐ隣の掛川市にあるので交通アクセスは良好。富士山静岡空港にも近いため、遠距離のアクセスも便利です。
電車やクルマを使って、通勤通学もスイスイ、お出かけもラクラク。移動のストレスが少ないのも、菊川市のいいところです。
良好なアクセスを活かして、菊川市にマイホームを構えて、静岡や浜松にある会社や学校に通い、オンとオフのメリハリをつけながら暮らす人もたくさんいます。

かもの

若者が健やかに育つ、
環境づくり。

菊川市が最も力を入れているのが、保育・教育環境です。市内には、保育園・幼稚園が充実し、また児童館が2施設あります。現在も子育て支援のための環境整備をすすめています。
子育てサークルやボランティア活動も活発なので、ママたちが仲良くなったり、子育ての悩みを相談したりする場がたくさんあります。
また、小・中学校にタブレット端末を配布して授業に取り入れたICT教育、小学生を対象にした土曜英語学習など、先進的な教育の取り組みも進めています。

いかつ

生活に便利な
コンパクトなまち。

菊川市は、暮らしの便利がぎゅっとつまったコンパクトなまちです。クルマで10分ほどの距離のなかに、大きなスーパーマーケットもドラックストアも、総合病院も、文化センターも、大きな公園も、学校もあり、日常の用事はすべて済んでしまいます。
医療福祉施設も、公共施設も、教育文化施設も、すべてがちょうどいい距離で行けるから、不便を感じることなく暮らすことができます。

菊川市
プロモーションMOVIE

菊川市の魅力を市内外へ発信し、市の知名度向上を図り、
市への愛着と移住定住に対する関心を持ってもらうことを目的とした、
菊川市のプロモーションビデオを公開中です。
動画は3本あります。謎解き形式になっています。ぜひチャレンジしてみてください。

※ご応募ならびに正解した方へのプレゼント受付は終了しました。

きくがわ支援制度

菊川市支援制度一覧

新生児出産祝金

平成27年4月1日以降に第2子以上を出生した世帯で、その養育者が出生日から起算して6カ月以上前から住所を有し、出生後も引き続き子どもと5年以上市内に住む予定の方にお祝金を支給。

支給額
 

第2子100,000円

第3子150,000円

第4子200,000円

第5子以降300,000円(1人につき)

担当課/連絡先
福祉課 tel. 0537-35-0914

保育に関する支援

  • 第1子、第2子の年齢や保護者の所得に関わらず第3子以降の保育認定使用料は無料。
  • 小学校入学前までの間で保育園等に通園している兄弟姉妹がいる場合、保育認定使用料は最年長の児童から順に2人目は半額。
担当課/連絡先
幼児教育課 tel. 0537-73-1131

子育て応援アプリ『きくすく』

子育て応援情報や保育所の情報、公共施設や保育所、病院等のマップ情報、予防接種等を提供。

担当課/連絡先
福祉課 tel. 0537-35-0914

リフレッシュ・一時保育事業

市内に住所を有する就学前の児童を対象に、保護者の病気、出産による入院、家族の介護や看病、冠婚葬祭、就職活動、学校行事等の社会的理由および私的理由により、一時的に児童を保育する制度。

担当課/連絡先
幼児教育課 tel. 0537-73-1131

仕 

創業支援

創業希望者を対象に、市、商工会、金融機関等が連携し、セミナーの開催や相談サポートを実施。特定創業支援受講者には登録免許税軽減等の優遇措置あり。

担当課/連絡先
商工観光課 tel. 0537-35-0936

就労支援

子育て中の女性が働きやすい事業所を中心に紹介する「女性のお仕事相談所なでしこワーク」や女性向け就労支援セミナー等を実施。

担当課/連絡先
商工観光課 tel. 0537-35-0936

就農支援

就農希望者の相談を受け各種支援を実施。就農に向け、関係機関と連携して相談に対応。

支援内容

  • 各種資金制度の相談、支援
  • 研修機関紹介
  • 農地、施設の相談など
担当課/連絡先
農林課 tel. 0537-35-0938

若者世帯定住促進補助金

若者世帯(満40歳未満)が市内に定住するため住宅を取得する場合、交付条件を満たせば取得費用の一部を補助。

補助額等
補助額:上限40万円
※三世代同居、三世代隣接住宅の場合は上限80万円。
担当課/連絡先
都市計画課 tel. 0537-35-0957

木造住宅耐震補強助成事業

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅の耐震補強工事費用に対し補助。

補助額等
上限額80万円。
高齢者のみでお住まいの方や、重度の障害がある方などの住宅の場合は、上限額が100万円。
担当課/連絡先
都市計画課 tel. 0537-35-0957

自然エネルギー利用促進補助

太陽光発電システム、太陽熱温水器などを設置する場合に、予算の範囲内で費用の一部を補助。

補助額等
 

太陽光発電システム:上限40,000円 ※最大出力10kw未満

家庭用リチウムイオン蓄電池:上限60,000円(1キロワット時あたり12,000円)

太陽熱温水器:上限8,000円(1平方メートルあたり2,000円)

ソーラーシステム:上限12,000円(1平方メートルあたり2,000円)

担当課/連絡先
環境推進課 tel. 0537-35-0916

浄化槽設置事業費補助金

浄化槽を設置する費用の一部を、予算の範囲内で補助。

補助額等

都市計画法に定める用途地域のうち、下水道法第4条第1項の許可を受けた事業計画に定められた処理区域以外の区域において、新築、増築、改築又は付け替えに伴い浄化槽を設置する場合

人槽 補助上限額

5人槽735,000円

6~7人槽851,000円

8~10人槽1,261,000円

都市計画法に定める用途地域以外の区域のうち、下水道法第4条第1項の許可を受けた事業計画に定められた処理区域、農業集落排水事業採択区域、平尾下水処理場使用地区及び集合処理施設設置地域以外の区域において、付け替えによる浄化槽を設置する場合

人槽 補助上限額

5人槽735,000円

6~7人槽851,000円

8~10人槽1,261,000円

都市計画法に定める用途地域以外の区域のうち、下水道法第4条第1項の許可を受けた事業計画に定められた処理区域、農業集落排水事業採択区域、平尾下水処理場使用地区及び集合処理施設設置地域以外の区域において、新築、増築、又は改築に伴い浄化槽を設置する場合

人槽 補助上限額

5人槽198,000円

6~7人槽246,000円

担当課/連絡先
下水道課 tel. 0537-35-0933

きくがわ 移住に関する
よくある質問

全 般

移住についてどこに相談すればいいですか?
菊川市企画政策課へご相談ください。簡単な菊川市の紹介や支援制度等の説明をさせていただきます。
担当:企画政策課(本庁2階)
相談時間:平日8:15~17:00
TEL:0537-35-0900
E-mail:kikaku@city.kikugawa.shizuoka.jp
一度現地に行ってみたいのですが、案内してくれる人はいますか?
「菊川暮らし案内」をご利用ください。
移住希望の方の「農業体験をしてみたい」「児童館や公園などの子育て施設を見学したい」などのニーズに合わせたコースを職員がマンツーマンで案内し、さまざまな情報を提供します。
詳しくはコチラ【暮らし案内チラシ】
移住するにあたり利用できる支援制度はありますか?
若者世帯(満40歳未満)が市内で定住するための住宅取得補助制度や、就労支援として、子育て中の女性が働きやすい事業所を紹介する「なでしこワーク」、就農希望者の相談などを行う就農支援等があります。
詳しくはコチラ【支援制度一覧】

住まい

車が無くても生活できますか?
都市部のように公共交通機関が充実していないため、居住地や通勤・通学先などの状況にもよりますが、車が無いと不便に感じる地域が多いです。
JR菊川駅周辺地域のように商業施設が近くにあり、通勤・通学に公共交通機関や送迎バスの利用が可能な地域では、車が無くても十分に生活できます。
地域活動などはありますか?
菊川市に住所を移した時に、自治会への加入をお勧めしています。各自治会により多少異なりますが、地区の祭りや自主防災活動、冠婚葬祭などの地域活動があります。
地域(近所)との付き合いは大変ですか?
一般的に、都市部よりも近所付き合いは深くなると思います。地方ではお互いに支え合って生活していくことが大切で、このことを面倒と思うか、地域の安全や安心などのために重要と考えるかの価値基準は人それぞれだと思います。
ご近所と仲良く付き合っていくことは、災害時にお互いに助け合う「共助」の関係を築くことや、楽しい毎日を送るためにも重要なことですので、思い切って地域に溶け込んでみてはいかがでしょうか?
海へ行くにはどのくらい時間がかかりますか?
菊川市の中心部からおよそ30分で海に行くことができます。サーフィンや釣りが趣味な方にもおすすめのまちです。
買い物するところはありますか?
大型のショッピングセンターはありませんが、各地域にはスーパーマーケットや食料品店、コンビニ、個人商店があるため、普段の生活に支障はないと思います。ただし、大型のショッピングセンターに行くためには、近隣市まで行く必要があるため、車や公共交通機関の利用が必須となります。
空き家はありますか?
「空き家バンク制度」はありませんが、市ホームページの(市政情報 > 移住・定住情報 菊川で暮らそう)「住まい」の民間不動産物件検索サイトより中古住宅を探すことが可能です。
市営住宅の空き状況は分かりますか?
菊川市では3つの市営住宅を管理していますが、空き状況についてはそれぞれ異なるため、詳しい入居条件等は都市計画課住宅建築係へ直接お問い合わせください。
担当:都市計画課
相談時間:平日8:15~17:00
電話:0537-35-0957
E-mail:toshikei@city.kikugawa.shizuoka.jp
家賃の相場はいくら位ですか?
部屋のタイプや場所(菊川駅付近や菊川インターチェンジ付近と郊外)で家賃が異なりますので、詳しくは菊川市ホームページの(市政情報 > 移住・定住情報 菊川で暮らそう)「住まい」の民間不動産物件検索サイトをご覧ください。
宅地の価格はいくら位ですか?
菊川市の平均㎡単価は4万1022円(2017年)ですが、場所により単価が異なりますので、主な土地単価をお調べする場合には「土地代データ」のサイト(https://tochidai.info/)をご覧ください。

仕 事

仕事はどうやってさがせばいいですか?
静岡県U・Iターン就職サポートセンターのホームページや、ハローワークのホームページ(ハローワークインターネットサービス)・窓口、民間の職業紹介会社のホームページなどでお探しいただけます。
また、東京交通会館8階ふるさと回帰支援センター内にある、静岡県移住相談センターでは、木曜日と土曜日の週2日、キャリアカウンセラーが就職・転職のご相談に応じています。希望される方は事前のご予約(TEL 03-6206-3858)をお願いします。
農業をはじめたいのですが、相談窓口や支援はありますか?
国の「農業次世代人材投資事業」や静岡県の「がんばる新農業人支援事業」などによる支援があります。また、JA遠州夢咲でも「就労者育成雇用制度」があります。
詳細につきましては静岡県ホームページ(農業ビジネス課)をご覧いただくか、市役所農林課までご相談ください。
担当:農林課(本庁3階)
相談時間:平日8:15~17:00
電話:0537-35-0938
E-mail:nourin@city.kikugawa.shizuoka.jp

子育て

子どもたちが遊べる場所はありますか?
市内には菊川運動公園、宮の西公園、舟岡山公園など遊具が設置してある大きな公園がいくつかあります。また、各地域にも公園が整備されており、子どもたちが遊ぶ公園は、充実していると思います。
夏には和田公園内のコミュニティプールが開園し、ご家族で楽しむことができます。
児童館や子どもを一時的に預けることができる場所などはありますか?
市内の北部(菊川地区)と南部(小笠地区)にそれぞれ児童館と子育て支援センターがあり、お遊戯向きの広い部屋やおもちゃも充実しており、子どもたちが安心して遊べる環境が整っています。児童館では成長過程に応じた様々な親子イベントが開かれ、子連れママたちで賑わっています。
また、リフレッシュ・一時保育事業も実施しており、就学前の児童を対象に保護者の病気や出産による入院、冠婚葬祭や学校行事等の社会的理由及び私的理由により一時的に児童を預けることができます。
保育園、幼稚園、認定こども園は市内に何園ありますか?
市内には保育園が8箇所、幼稚園が3箇所、認定こども園が5箇所あります。(平成30年4月1日現在)
年度途中から幼稚園や保育園、認定こども園には入れますか?
平成30年8月末現在、幼稚園、認定こども園の幼稚園部分については、一部を除き定員に達していないため、申込みいただければ入園することは可能です。
ただし、保育園、認定こども園の保育園部分については、定員数に達しているため、地域や入園時期などご希望に添えない場合があります。
入園に関する詳細については、市幼児教育課へお問い合わせください。
担当:幼児教育課
相談時間:平日8:15~17:00
電話:0537-73-1131
E-mail:youjikyouiku@city.kikugawa.shizuoka.jp

教 育

転校の手続きをするには、どこに相談すれば良いですか?
まずは菊川市学校教育課へ連絡してください。転校に必要な手続き等の説明をさせていただきます。
担当:学校教育課
相談時間:平日8:15~17:00
電話:0537-73-1113
E-mail:gakkou@city.kikugawa.shizuoka.jp
通う学校に指定はありますか?
市内には市立の学校として9つの小学校と3つの中学校があります。また、隣接する牧之原市と共同で運営している小・中学校が1校あります。
住所によって市教育委員会が指定する小中学校へ転校することになります。
放課後児童クラブはありますか?
菊川市内には9つの市立小学校がありますが、全ての小学校において放課後児童クラブを運営しています。授業終了後や夏休み、冬休み、春休みの長期休暇期間に適切な遊びや生活の場を提供します。申込などの詳細は、菊川市のホームページをご覧いただくか、幼児教育課までご相談ください。
担当:幼児教育課(中央公民館1階)
相談時間:平日8:15~17:00
電話:0537-73-1131
E-mail:youjikyouiku@city.kikugawa.shizuoka.jp

環 境

気候はどのような感じですか?
年間平均気温が16.1度と温暖な地域で雪もほとんど降りません。また、年間日照時間が2,117時間と全国で33番目(814市区中)に長いのも特徴です。
自然環境は豊かですか?
菊川市の北東、牧之原台地の西側斜面に広がる上倉沢地区の棚田をはじめ、一面に広がるお茶畑など緑豊かな自然がいっぱいです。この豊かな自然を活かし、「田んぼアート」や「ホタルを見る会」などのイベントも開催されています。

その他

他の地域の情報も知りたいのですが?
静岡県内市町の情報については、静岡県移住相談センター(東京)(TEL03-6206-3858、メールshizuoka@furusatokaiki.net)にご相談いただくか、静岡県公式移住・定住情報サイト「ゆとりすと静岡」(URL:iju.pref.shizuoka.jp)をご覧ください。
その他の県の情報が知りたい場合は、認定NPO法人ふるさと回帰支援センター内に設置している各道府県の相談窓口(TEL:03-6273-4401、E-mail:info@furusatokaiki.net)までお問い合わせください。